フランチャイズ加盟店募集会社案内新着情報お問い合わせ
-4月号-
  ノムラくんの知恵袋 其の107

マーク画像 冬にお世話になったフェイクファー
  寒い季節に持っていると助かるアイテムと言えば「ファー」。

ファーと言ってもミンクやラム、チンチラ、ラビットなどその種類は100を越えるとされる「リアルファー」と、アクリルなどの合成繊維を素材とした人工毛皮の「フェイクファー」があります。昔のように偽物という考えの方は少なくなり、天然ファーとフェイクファーそれぞれの良さを理解して使われている方が多いように感じられます。

フェイクファーは天然ファーに比べ、比較的安価で、加工がしやすい為に形状も豊富、また色彩も鮮やかにできるのでファション製に富んでいます。動物愛護の高まりもあり、衣類はもとよりバッグや財布、ぬいぐるみにいたるまでフェイクファーの利用分野は拡大しています。

Point! ====> 知恵袋イラスト
 静電気にご用心
 

フェイクファーは寒さが苦手な方には有り難いものです。しかし、寒がり屋さんは重ね着をするのが当たり前。

たとえばフェイクファーのついたコートの下にセーターを着用していてバチバチなんて経験はありませんか?車から降りた時にバチバチ、人と触れた時にもバチバチ。体質にもよるのでしょうが、乾燥した寒い日はビビりまくりです。

フェイクファーはアクリル系の合成繊維が多く、ウールのセーターとの相性は最悪です。物質にはプラスやマイナスの静電気を帯びる性質があります。右図表の中の素材どうしが近ければ比較的に静電気は起こりにくいとされますが、残念ながら最も暖かさを提供してくれそうなアクリルとウールの組み合わせは両極端で静電気が起こるのは必至です。

どうしてもそのコーディネイトを諦めたくないのであれば静電気防止スプレーや除去グッズで身をかためるしかなさそうです。

フェイクファーのお手入れ
 

フェイクファーは着用頻度が増すと、自然に毛先が絡まってゴワゴワした感じになります。フワフワ感を維持するためにも、着用後はこまめにブラッシングしましょう。前項でも静電気が発生しやすいことに触れましたが、ブラシもナイロン製のものは静電気を起こしやすいので、金属製のブラシ(ペット用など)が適しています。

静電気が発生するとホコリやゴミを吸収するので、裾を持って逆さまにして振ったり、軽くたたいてそれらを落としましょう。

衣替えで長期の保管をする際は、風合いを保つためにもクリーニングをし、運搬用のビニール袋から出して、吊るして収納しましょう。ビニールから出さないと通気性が悪くカビの原因になりかねません。あらかじめ防虫・防カビクリーニングをすることがオススメです。

また、吊るさないで保管すると毛倒れやたたみじわができるので注意しましょう。

 


HOME メディア情報 よくあるご質問 サイトマップ さわやかライフのお手伝い ノムラクリーニング