フランチャイズ加盟店募集会社案内新着情報お問い合わせ
-3月-
  ノムラくんの知恵袋 其の67

マーク画像 繊維に絵柄や色を着ける「染料」と「顔料
   衣類には様々な絵柄や模様、そして色があってこそ鮮やかで、コーディネートのレパートリーも広がると言えます。

布にそのような模様を描く方法として「染める」、「刺繍する」、「織る」、「パッチワークなどを貼り付ける」などの手法がありますが、今回は生地に色を着ける一般的な方法の「染料」と「顔料」についてお話ししましょう。

Point! ====> 知恵袋イラスト
「染料」って?、「顔料」って?どこが違うの?
   「染料」は古くから布に着色するために用いられており、天然の草木染めを除いては、そのほとんどが石油からできています。そのため粒子が非常に細かく、染色時の熱などにより膨張した繊維の中に入り込んで染まり、冷却の際に収縮することで定着します。生地そのものが染まることで色に透明感があり、生地本来の風合いを損ねません。また、良くも悪くも洗濯を重ねることで色が薄くなり、洗いざらし感がでてくるのが特徴です。

「顔料」は自然の岩や鉱物などからできているので、染料に比べ粒子そのものは粗く、生地の中に入るのではなく、絵の具やペンキのように表面に色の粒子を乗せて色を着けます。色を付着させる材料に接着剤を使うためゴワゴワした風合いになりますが、色の印象を強く表現できたり、日焼けに対しては染料よりも強いと言う長所があります。
「顔料」は、ドライクリーニングができないことも…
    前述のしたように「顔料」は、接着剤に練り込み着色いたします。 ですから、ドライクリーニングで使用する溶剤で、この接着樹脂が溶けてしまうおそれがあります。発色は鮮やかな「顔料」ですが、摩擦や分解によってひび割れたり徐々にはがれたりすることがあるため、洗う際には充分な注意が必要です。
 
  懸賞付き間違い探しクイズ!

Aのイラスト Bのイラスト
クイズ画像


正解例は こちら です。

チョット難しかったですか?



HOME メディア情報 よくあるご質問 サイトマップ さわやかライフのお手伝い ノムラクリーニング