フランチャイズ加盟店募集会社案内新着情報お問い合わせ
-2月-
  ノムラくんの知恵袋 其の66

マーク画像 着物は「生地」から
   外国の方から「欲しい日本土産」として選ばれるように、『着物』はとても高い芸術性を持った日本の民族衣装です。色彩や模様、そして生地で『美』が表現されています。

  洋服との大きな違いは、この『生地』です。洋服の場合は素材としてできた布地を加工とデザインする事で用途が決まります。しかし着物の場合は、布地になるその前の段階で既に礼装なのか普段着なのかに分けられます。

これが、 「染め物」と「織り物」です。

「染めの着物」は白生地に織り出したものを染めて仕上げるため、絵柄や模様も自由にデザインできます。そして風合いも柔らかく、礼装・正装用に用いられます。これに対して「織りの着物」は、織る前の糸の状態の時に染めておき、着色した糸で仕立てます。ですから、「織り」には縞や格子など比較的単純な模様が多く庶民的な雰囲気です。

Point! ====> 知恵袋イラスト
ファッションとしての着物
   値段が高価である。または着用した際の動きが制限される。などの理由で、着物は冠婚葬祭やパーティーなど特別な日限定の衣装として扱われがちでした。しかし近年はゆかたや風呂敷、また和装小物をカジュアルにとり入れたファッションが流行し、その『和』のブームの勢いにのってオシャレな若者の間では、着付け知識が無くてもワンピース感覚で着ることができるキモノが流行しております。『ファンタジー・キモノ』と呼ばれ、着物にスニーカーやパンプスを組合せたり、洋風のアクセサリーをアレンジして和の優雅さと洋の気軽さをミックスさせた「おしゃれ」を楽しんでいます。
着物こそクリーニングを
  お正月、成人式、卒業式、入学式などなど・・・
一年の間でも冬から春にかけては着物姿の女性が目立つ季節です。 でも、常に着るものでは無いし、1日しか着ていないからと、着用後にそのままタンスに収納していませんか?
デリケートな着物には油断は大敵です。 着ている間に無意識に付いた食べこぼし飲みこぼし以外にも、雪や雨汗などでも「シミ」になることも考えられます。着用後は必ず、クリーニングしてから収納することをお勧めいたします。

  着物の洗い方には、ほどいて洗った後にもう一度仕立てる『洗い張り(解き洗い)』と、ほどかずにドライ溶剤とソープで全体を丸洗いし、整形仕上げする『京洗い』があります。

  一般的に、着る機会が少なく洗い張りするほどでもない方には、手軽にクリーニング出来る京洗いが適しています。その際にも 「いつ」「どこに」「どんな種類の」シミをつけたのか、また「何か応急処置はしたのか」、「どんな処置をしたのか」まで伝えることが大切です。

次に着る時に気持ちよく着られるよう準備しておきましょう
 
  懸賞付き間違い探しクイズ!

Aのイラスト Bのイラスト
クイズ画像


正解例は こちら です。

チョット難しかったですか?



HOME メディア情報 よくあるご質問 サイトマップ さわやかライフのお手伝い ノムラクリーニング