フランチャイズ加盟店募集会社案内新着情報お問い合わせ
-1月-
  ノムラくんの知恵袋 其の65

マーク画像 獣毛と羊毛…どこが違うの?
   温かくて高級感のある毛皮のコート。クリスマスパーティー、お正月、成人式や卒業式など寒い季節のイベントに華を添えます。
獣→けもの→毛物というように四足歩行の動物のほとんどが毛で覆われていますが、衣料用の繊維が採れる動物は限られています。代表的なものとして羊、カシミヤやぎ、アンゴラやぎ、アンゴラうさぎ、アルパカ、ラクダなどがあり、衣服の表生地としてよく用いられます。その中でも『羊毛(ウール)』と呼ばれる羊の毛は最も生産量が多く、また人気もあります。羊以外の動物の毛は『獣毛』と呼ばれ、カシミヤやぎなど繊細で柔らかい『繊獣毛(せんじゅうもう)』と、そうではない『粗獣毛(そじゅうもう)』に分けられます。動物の毛から作られるのは同じなのに、なぜ羊の毛だけ「羊毛」で、その他の動物の毛は「獣毛」と区別するのでしょうか…?

Point! ====> 知恵袋イラスト
繊維の性質が異なっているからです。
   羊毛は縮れ(クリンプ)が多く、獣毛には少ない。縮れが多いことにより糸に紡ぎやすかったり、縮れていれば空気を含んで温かく肌触りも良いなどの特徴があります。他の相違点として羊毛は「スケール」と呼ばれるうろこ状の表面で覆われているのに対し、獣毛には「スケール」がほとんど見られません。「スケール」は水に濡れ揉まれるとフェルト化する性質があります。製造されます。
獣毛は希少繊維
   一般的に獣毛は、羊毛より繊細なため柔らかく軽く、そして温かく光沢もあるとして珍重されています。     
羊毛の生産量は年間120万トン以上ありますが、獣毛はカシミヤやアルパカなど全てを合わせても羊毛の50分の1程度しか生産されないため「レア・ファイバー(希少繊維)」と言われています。繊維として利用しやすい羊は家畜としても育てやすく、品種改良を重ね良い毛が大量に採取できますが、獣毛動物は高地など自然環境の厳しい地域に生息し、家畜化が難しい種類が多いため生産条件に恵まれていません。しかし、近年、生産国ではないあらゆる国々が飼育に力を入れはじめましたので、今後は獣毛の供給事情も変化することも考えられます。
ニセモノに要注意
   ブランド物の偽造品、模倣品は以前からありますが、最近では文具や家電、乗り物にいたるまでニセモノが横行しております。希少価値があり高価な獣毛繊維も例外ではありません。
「カシミヤ100%」と表示されていても羊毛が混ざっていたりということも多く、事例であった中国製セーターは、「カシミヤ100%」となっているものの実際は20%前後であったり、「カシミヤ50%、毛50%」表示で実際は数%しかないものまでありました。
また、90年代末に流行した「パシュミナ」はヒマラヤ周辺のカシミヤやぎの柔毛ですが、ニセモノが多い上、そもそもパシュミナ自体の定義ができていないので不当表示も追求できないありさまです。
獣毛は識別や検品が難しいため、現在ではDNA分析をして鑑別していますが、それでも同じ種属内や雑種などが多く困難を極めているのが現状です。
確かな本物を着るためには、ユーザーの方の知識と意識が大切ではないでしょうか。
 
  懸賞付き間違い探しクイズ!

Aのイラスト Bのイラスト
クイズ画像


正解例は こちら です。

チョット難しかったですか?



HOME メディア情報 よくあるご質問 サイトマップ さわやかライフのお手伝い ノムラクリーニング